加賀太きゅうり

石川の食材・加賀野菜

食べ方色々!何色にも染まる

金沢の伝統野菜

加賀野菜とは〝昭和20年以前から栽培され、現在も主として金沢で栽培されている野菜〟のことです。現在認定されているものは全部で15品目あります。その中から今回は、今が旬の加賀太きゅうりに注目して、加賀太きゅうり部会長の中林さんにお話を伺いました。

加賀太きゅうりとは、普通のきゅうりの約5本〜6本分の大きさがある太いきゅうりです。長さが22〜27㎝、太さが6〜7㎝になり、果肉は厚みがありますが柔らかいのが特徴です。そのままはもちろん、煮ても、焼いても、揚げても、美味しく食べることができます。

出荷時期は4月初旬から10月下旬までと長く、旬の時期は4月下旬から6月下旬までとなります。現在、中林さんを含め13軒の農家で栽培され、守り続けられています。

加賀太きゅうりの発育状況を確認する中林さん。

前の記事

アイナメ